姫路城×彩時記

開催概要

日本人が昔から 愛してきた四季のうつろい。
その季節でないと楽しめない大自然の素晴らしさを歳時記として楽しんでいました。

最近は、いろいろと便利になった代わりに
四季のうつろいを感じにくくなっているのではないでしょうか?

「姫路城と日本文化の発信」「季節感の創出」を目的に日本の伝統芸術と現代芸術の饗宴を展開。
姫路城にまつわる事象をモチーフに「和」の芸術が織りなす日本の歳時記を西の丸庭園に創出し現代の日本人が忘れかけていた、 季節のうつろいを感じる催し

それが 「姫路城×彩時記」 -color of the season- です。

【実施期間】: 2017年11月10日(金)~26日(日)
【開催場所】: 姫路城 西の丸庭園(屋外)及び西の丸百間廊下(屋内)
【昼間】: 9:00~17:00(入城は16:00まで)

【料金】 
見学無料(別途、姫路城入城料が必要)
大人(18才以上)1000円/小人(小学生・中学生・高校生)300円
【夜間】: 18:00~21:00(入城は20:30まで)

【料金】 
西の丸百間廊下内部の夜間公開は500円/人(大人、小人共通)
【アクセス】: ・JR姫路駅から徒歩で約20分
・山陽電鉄本線山陽姫路駅から徒歩で約20分
【主催/お問合せ】: 姫路城管理事務所 電話: 079-285-1146

夜間同時開催

【時間】: 18:00~21:30
【料金】: 無料
【場所】: 三の丸広場

会場

姫路城 西の丸庭園・百間廊下

西の丸
天守閣の西面が際立って見える庭園で、南門跡近くには出陣する武者を集め、隊を編成した武者だまりがあります。

百間廊下
千姫に仕えた侍女たちが居たところで、千姫は毎朝この廊下から男山を拝んでいたと伝えられています。

化粧櫓
西の丸長局より男山を拝んだ千姫が、この櫓を休息所としたので、この櫓を化粧の間、または化粧櫓と呼んでいました。

※クリックすると拡大表示します。